2010年05月24日

スキンケアで防ぎきれない ニキビはれっきとした病気(J-CASTニュース)

 「ニキビは青春のシンボル」。そんな言葉があるように、10〜20歳代にできる一時的なものと思っている人は少なくないだろう。しかし、ニキビは「尋常性ざ瘡」といってれっきとした皮膚の病気だ。放っておいたり、対処法を誤まったりすると、顔に痕が残ることもあり、ちゃんと治す必要があるのだ。

 そこで、皮フ科領域を専門とするグローバル製薬会社のガルデルマと、塩野義製薬はニキビが病気であることをしっかり理解してもらおうと、5月21日を「ニキビの日」に制定。皮フ科での治療を呼びかけはじめた。

■「5月21日はニキビの日」とナース姿の柳原さん

 5月21日は「ニキビの日」――。「(5)いつも、(2)ニキビは、(1)皮フ科へ」の語呂合わせだが、ニキビが慢性の皮膚疾患であることを広くPRし、患者に皮フ科での治療を促す狙いがある。

 ニキビは症状が顔に現れ、痕が残ることもあるなど患者の生活面や心理面に大きな影響を及ぼす。にもかかわらず、ニキビの治療で病院を受診する日本人は10%程度と少ない。海外では、米国が25%、韓国は30%の人が受診する。

 日本人は、患者自らが洗顔などのスキンケアや、患部に市販の医薬品を塗るなど、「自己流」で対処している例が多く、最悪なのは放っておいたり、気になって触ったあげく潰してしまったりすることだ。

 汗や皮脂の分泌が活発になって「ニキビ」が出やすくなる夏場を前に、ガルデルマと塩野義製薬は「ニキビ疾患啓発キャンペーン」を開始。「ニキビの日」である5月21日にスタートのイベントを開いた。

 今回のキャンペーンのCMキャラクターである柳原可奈子さんがナース姿で登場。トークセッションでは、「ニキビは進行する病気なんです」と話し、赤く炎症を起こした「赤ニキビ」、さらに炎症が広がり「化膿したニキビ」になると顔に痕が残りやすい。「そうなる前の、毛穴がつまった『白ニキビ』の段階で、早めに皮フ科のお医者様にかかって」と訴えた。

 芸能界でも「肌がきれいなタレント」とされる柳原さんも、学生時代はニキビができると外に出たくなくなったり、気分がめいったりしたという。「ニキビは病気。皮フ科のお医者様にきちんと診てもらって、わたしのようなツルツルなお肌になって」と笑った。

■「軽症のうち皮フ科を受診することを勧めます」

 ガルデルマと塩野義製薬が15〜39歳の男女3889人を対象に行ったインターネット調査では、10歳代で72.2%、20歳代45.5%、30歳代でも17.0%がニキビの症状を抱えていた。

 さらにニキビに悩む20歳代の男女200人に、ニキビに対する意識と対処法などを聞いたところ、「もしニキビがなくなったら」との問いに、「外出したい」「新しい恋がしたい」との声が寄せられ、ニキビが周囲との心理的な壁になっているようすがうかがえた。

 女性の場合はニキビを化粧で隠したりするため、その化粧品代が月平均1385円、1年で1万6620円に上ることもわかった。

 ニキビが肌の病気であることを認知していた人は47.0%と過半数を割り、病院で治療したほうがよいことを知っていた人は、3人に1人(32.3%)しかいなかった。

 東京女子医科大学の林伸和・准教授は「ニキビが慢性炎症性疾患であることは、日本ではあまり知られていません。ニキビはスキンケアなどの生活習慣の改善だけでは防ぎきれない病気で、そのことをしっかり認知して、放置せずに、軽症のうち皮フ科を受診することを勧めます」と話している。


■関連記事
メンズ化粧品が好調 「こっそりメイク男」実はいる : 2009/04/11
男性の4割「すっぴん」にガッカリ 彼氏に見せるタイミングに悩む : 2009/03/29
「素の自分で戦いたい」 「すっぴん」見せたがる女性たち : 2008/12/08
「男性も基礎化粧品」 何を使えばいいのか : 2010/05/20
柳原可奈子 24歳の抱負綴り「アン、恥ずかしいわ」 : 2010/02/05

農相の「外遊先ゴルフ」を否定 官房長官(産経新聞)
足利事件弁護士が警察庁で講演=取り調べの高度化訴える(時事通信)
漁船転覆、2人不明=大分(時事通信)
殺人放火 住宅全焼 76歳遺体に刺し傷 千葉・八街(毎日新聞)
政府、口蹄疫総合対策を決定…費用300億円超(読売新聞)
posted by イツシキ ヤスオ at 17:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

ニセ医師「病院や市民に迷惑かけた」反省の言葉(読売新聞)

 岩手県立宮古病院に循環器科医として着任するはずだった女性が無資格だったとされる事件で、医師法違反容疑で逮捕された一宮輝美容疑者(44)が、接見した弁護士に「宮古病院や市民に迷惑をかけた」などと反省の言葉を口にしていることが13日、わかった。

 弁護士によると、一宮容疑者は逮捕された8日夜から12日午前まで、署が差し出した食事に全く口をつけておらず、「宮古病院にだいぶお金をかけさせておいて、これ以上税金を使わせるわけにはいかない」などと話しているという。

 一方で、一宮容疑者は捜査関係者が動機を尋ねても、ほとんど口を閉ざしたまま。捜査関係者によると、一宮容疑者は取り調べ中に「具合が悪い」などと体調の悪さを繰り返し訴えることが多いという。

婚活 コンブやカツオのかりんとうが大人気 縁結び役に(毎日新聞)
「露が実効支配」岡田外相、ビザなし交流取材制限取り下げず(産経新聞)
<口蹄疫>種牛も感染疑い 49頭、初の殺処分(毎日新聞)
<自民党>金子・前長崎知事を擁立 参院選長崎(毎日新聞)
裁判員裁判通訳人 選任基準あいまい 資格制度の必要性指摘(産経新聞)
posted by イツシキ ヤスオ at 19:10| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

<海難事故>漁船が転覆…1人不明 金沢沖(毎日新聞)

 10日午前3時25分ごろ、金沢港(金沢市)の西南西約30キロの沖合で、石川県漁協所属の底引き網漁船「第8住吉丸」(6.93トン、2人乗り組み)が転覆していると、別の漁船から118番通報があった。乗組員の七田勇次さん(53)=同県能登町字小浦=が行方不明で、船長の浜谷高志さん(58)=金沢市畝田中=は仲間の船に救助されて無事。

 金沢海上保安部によると、浜谷船長は「タンカーのようなものと衝突した」と話しており、同保安部は近くを航行したタンカーの船長らから事情を聴いている。漁船は同日午前10時25分ごろ、沈没した。【幸長由子】

【関連ニュース】
海難事故:貨物船同士が衝突…1隻が転覆 周防灘
転覆:小型ボートの82歳男性死亡 愛知・豊川のマリーナ
貨物船・漁船衝突:「原因」双方に 調査報告書
貨物船衝突:1隻沈没、2人が行方不明 鳴門海峡
漁船不明:10人乗り、長崎・五島列島沖で消息絶つ

「最低でも県外」党の考えではない…首相(読売新聞)
「手口は『2ちゃんねる』で知った」 高速料金ごまかした男を逮捕(産経新聞)
【母親学】東京工業大教授 本川達雄(1)(産経新聞)
首相、徳之島移転案を表明=3町長は拒否−普天間移設(時事通信)
どんたく見物の女児盗撮狙う、34歳男を逮捕(読売新聞)
posted by イツシキ ヤスオ at 20:16| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。